大人気の NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第33回「嫌われ政次の一生」で、

高橋一生演じる小野政次がついに最期を迎えた。

しかも、処刑場ではりつけにされた政次を、長槍で刺しとどめを刺すのは、ほかならぬ井伊直虎(柴咲コウ)。

裏切り者としての「小野の本懐」をまっとうさせるため、誰よりも深く政次を理解する直虎自らの決断だった。

岡本幸江プロデューサーに、政次最期のシーンに込めた思いを聞いた。



処刑のシーンは、政次と直虎が、「裏切った家老」「裏切られた城主」という形をお互いに演じあう。「日の本一のひきょう者と未来永劫語り継いでやる」などと、互いを罵り合あっているように見えて、実は裏返しで「誓いの言葉」のようになっている、何とも言えないラブシーンになっています。何かにこだわって撮るというよりは、2人の真剣勝負を、ただただ正面からとらえるという、そういう演出であり見せ方だったと思います。

 脚本の森下佳子さんも「こうしよう」と考えて、理屈の上で、あの(処刑の)シーンを決めたわけではないと思います。森下さんの中で2人の関係を紡いで、積み重ねていったらこうなってしまった。政次最期のシーンについて、森下さんと事前にそこまで細かくは打ち合わせをしていなかったんですが、私も森下さんも「処刑場に行って、直虎がお経をあげる」とかかな、と思っていました。でも、書いているうちにああいう形になったそうで。ある日の夜に初稿が私のところに送られてきて、読んだ後、大泣きしてしまい……。その後、急激に眠気が襲ってきて、そのまま寝てしまいました。これは受け止めきれない、と。

 正直、日曜午後8時の大河ドラマで「ここまでやっていいのか」という、バランスを取る気持ちがゼロではありませんでした。主人公にこんな業を背負わせるのか、と。でも、いつもは淡々と仕事をこなしているスタッフが、台本を読んだ後わざわざ私のところに「これはすごい」と何人も感想を言いに来たんです。その反応を見て、「ならば、この形でまっとうしてもらおうか」と思いました。

 実は、政次は史実では結婚していて、子どもと共に処刑されているんです。ただ、制作者の身勝手な思いですが、政次には独り身で、直虎を支えていてほしかった。そんな勝手な思いもあり、最後まで独身という設定にしました。

私もつくりながらぐったりしてしまったんですが、音楽担当の菅野ようこさんも普段はパワー全開な方なのに、第33回の脚本を読んで10日ほど熱で寝込んでしまって……。森下さんも書き終えたときは虚脱状態でしたし、キャストもみるみる集中していきました。

(直虎役の)柴咲さんからは「台本を読んでこんなに衝撃を受けたことはない」と言われました。財前直見さんもちらっと「ものすごい愛の形よね」とおっしゃっていましたね。(高橋)一生さんからは本を読んだ感想自体は聞いていませんが、「『貼りつけにされて、槍で突かれ、血を吐いて死ぬ』なんてシーン、これまで大河ドラマにありましたっけ?」という話をしました。

 制作スタッフやキャスト、このドラマに関わる方が、「ちゃんと政次を見送らないと」という気持ちになりました。直虎は、1人では強さを手に入れられなかった。政次と呼吸を合わせて、表と裏、右と左で二人三脚で呼吸を合わせたからこそ、井伊直虎になりえたところがあります。だからこそ、政次の志を生かそうとすると、直虎はああいう見送り方をするしかなかった。究極の愛の形だと思います。

 政次は本心を言わず、隠していかないといけないキャラクターですが、(高橋)一生さんの得意とするところかな、と思いました。「ペテロの葬列」(TBSテレビ)、「民王」(テレビ朝日)など、声高に主張はしないけれど、何かを考えてぐっと抑え込む演技が似合う方。秘められたものを表現できる方としても一生さんがぴったりかな、と思っていました。

 政次は本音を言わず、思いと行動が裏腹な複雑な人物。どこまで視聴者に伝わるかな、と思っていましたが、見た方が見事に読み取ってくれ、読解力の高さにびっくりしました。もちろん、一生さんの力があってこそですが、見てくれた方とのキャッチボールが、政次というキャラクターを深くしてくれた。幸せな形だったと思います。

 第38回の終わりから、菅田将暉さん演じる、直政(虎松)が登場します。つぶれたお家の子が、徳川でどんどん出世していく。その過程で、井伊家と同じような困難を経験しますが、井伊家の知恵が生かされたり……。直虎も、もう一度、理想に向かってむっくりと起き上がる。オープニングのタイトル映像にもありますが、馬に蹴散らかされ、焼かれていったん死に絶えたものが、また春が来て新芽が出てくる。復活の力強さが、見ていただく方への応援メッセージになればいいなと思います。(編集部・市岡ひかり)


これに対してネット上では、

なんかもう…
凄い最期でした。
想像をはるかに超えてました。


命がけで守った井伊家が結局は最後まで徳川家を守るとは…
歴史って凄いですね。
それにしても、政次の辞世の句がかっこよかった。


久々に衝撃の展開に、今もボーッとテレビの前に釘付けになってる自分が
いる。
政次ロスとか言っている方々は立ち直れないだろうな。


といった声があげられた。

参照元:ヤフーニュース
URL:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170818-00000048-sasahi-ent&p=2

▼こちらの関連記事もどうぞ
 >今日の「直虎」高橋一生、壮絶ラストにネット号泣!!→政次の最期のシーンは想像をはるかに超えていた。
 >真木よう子、東スポWebの記事を抗議→視聴率は出演者より制作を決定した局側の問題だと思う。
 >真木よう子“女優、廃業危機!?”視聴率公表でフジ幹部が謝罪→不人気の責任を女優に押し付けたいだけにしか見えない。。
 >元おニャン子 渡辺美奈代 息子が既読無視をした時は…→過保護の度が過ぎると話題に
 >上原多香子 TENNさん自殺直後に不倫関係は終わらせていた。





名無しさん
20分前
生で見たけど、VTRで確認したくなるね。
久々に大河でホロっと来ました。
それにしても高橋一生さん。素晴らしい。


名無しさん
35分前
脚本家、演じた役者、その他諸々スタッフの方々、みんな凄いです。
まさかこんな…誰も予想してなかった展開ではないでしょうか。
史実とは違うのかもしれないけど、それはドラマなんだし、
なんなら史実がこのドラマの通りであってほしいとすら思いました。
いやー…それにしてもあの瞬間の2人の気持ちを考えると…(泣)


名無しさん
16分前
どうなるのか、見届けるのか、
と思っていたら、、、
最後は号泣でした。
政次の想いが高橋さんから痛いほどじんじん伝わってきて、涙が止まらなかった。
政次ロス。


名無しさん
32分前
今回は政次の最期だと「覚悟」はしてたものの、あんな壮絶なシーンになるとは予想外でした。
ストーリーとはいえ、ただただショックで…
正直見たくなかったような衝撃になりました。
暫く政次ロスになるかも…


名無しさん
43分前
人気のある人の起用ではなく物語で泣かせる話はそうそうないです。
名作です。


名無しさん
54分前
辛い回となりました。涙がとまりません。


名無しさん
16分前
参りました!
これは究極の史実の伝え方だよ。
今年の大河は酷評もあったが、「小野政次」を通して歴史の深みを感じさせたという意味では非常に意義のあるものだったと思う。


名無しさん
1時間前
ただただ涙を流すだけでした。
これ以上言葉はありません。


名無しさん
14分前
てか今まで直虎観てきて今日が一番感動というかクライマックス感を感じた。まじ今までにない展開で本当に泣けた。残酷すぎて悲しすぎてでも美しい演なにかなと。
高橋一生の演技が素晴らしかった。


名無しさん
1時間前
直虎に刺された後、一瞬笑みを浮かべる政次。涙なしには見られませんね…。
「そう、それでいいんだ」と言っているような、一生さんの素晴らしい演技です。
笑門来福

15分前
こんな悲しい話は他に無い。
大河ドラマ史に残る一話だと思う。

名無しさん
15分前
子供のころのおとわと鶴の、あんなに無邪気な笑顔が、数十年後にはあのようなことに…( ̄ω ̄;)
大人の事情恐ろしや((>_<))大人になんかなりたくない。


名無しさん
45分前
小野家の墓地に政次の墓碑が無く弟の墓碑があるとの、ドラマ後の解説を聞いて、この脚本もありかなと納得した。
さあ、次回から視聴者の興味の先はどうしていただけるのでしょうか、不安と期待。


名無しさん
38分前
この内容を知っていたら、その収録の場で一生さん(政次)を見送ろうと思いますよね。
それほど、深い愛を描いたシーンだった。
政次を1人で地獄に行かせない、そんな直虎の思いと、井伊のために、直虎のために裏切り者と罵られようと死ぬことさえ厭わない政次の思い。
息することさえ忘れるような、壮絶なシーンでした。
一生さん、コウさん、本当にいい演技を見せてもらいました。


名無しさん
33分前
小野は史実では乗っ取りなど酷い事ばかり書かれているが落ち目の今川についていても良いことはないと思うしこのドラマの内容は間違いではないかも。


名無しさん
1時間前
小野但馬守、お疲れさまでした!


名無しさん
34分前
役者さんと、製作陣の本気が伝わりました。これは最後まで見届けなければと。


名無しさん
15分前
昨日、ちょうど井伊直虎ゆかりの地に
行ってきました。
今まで以上に気持ちをこめて
見た回が、
ラスト凄まじく・・・。
わかっていたけど
想像をはるかに超えた
切ないけど美しい
美しいけど切ない
そんな第33回でした。
最期の死の後、辞世の句の
直虎を待つシーンの政次が良かったです。


名無しさん
32分前
衝撃なシーンだった。胸が痛くて、涙が止まらなかった。


名無しさん
6分前
スゴいもんを見せてもらった。
何と言うか、睦言の1つも無いですが、あれは究極のラブシーンですな。
大事な相手だからこそ、その命をそこらの雑兵に委せたくなかった。だから、自分で成した。
政次が命懸けで仕掛けた芝居を、直虎も受けて立った。
子供の頃に寺に入り、槍など手入れをしたことはあっても使ったことなどない直虎にとって、自分の手を汚すのは此れが最初で最後でしょう。
いや、凄かった……。
aya*****

52分前
衝撃すぎて、涙もでなかった…政次まさかだったよ。。
最期までありがとう、お疲れ様。

名無しさん
1時間前
言葉が出ませんでした
二人の本気の演技にも圧倒されました
時間が経つごとに泣きそうになります…


名無しさん
20分前
事を終えて最後に直虎が処刑場を立ち去る時に、
幼少期のおとわと鶴との笑顔の回想シーンが一瞬出たじゃない?
あれがものすごく切なかった。


名無しさん
7分前
高橋一生さんの持つ個性、なんか危なげな幸薄そうなイメージと政次の意思の強さが相まって画面を食い入るように見てしまいました。
直虎の一番のピークを越えたと思う。
それにしても直虎に出てくる家康にはなんかイラつく。こんなにイラつく家康は初めてかな。
所々、史実と違えてNHKが作ってるから仕方ないか。


名無しさん
42分前
まさか、直虎がと思いました。しかし愛を感じた


名無しさん
39分前
涙涙の話でした。
ドラマだから脚色されてるのはわかってるけど…
政次の磔ジワジワ痛みを長続きさせるより、心臓を一突きで楽に死なせると、直虎の愛が…


名無しさん
44分前
ドラマの宿命。近藤さん一方的に悪者にされてるけど、それほど悪くないよな。
昔は通信手段が乏しいから、会って話しをしないとホント何にも心の内なんてわからないよ。


名無しさん
11分前
三浦春馬さんが霞むほど高橋一生さんが株を上げたね。
ただ、ここまで盛り上げてもはや最終回間際クラスの話をしちゃって、
これから12月までネタがあるのだろうか。
会津編が終わった後の蛇足のように続いた「八重の桜」のようにならないことを願う。


名無しさん
16分前
関ヶ原の石田三成、高橋さんだったら、見たかった。


名無しさん
46分前
泣けましたー
kdf****

24分前
こんなに面白いのに、毎回視聴率の話しかしない人達に見てもらいたいよね。
数字だけ見てないで、中身を見て欲しい。

名無しさん
19分前
直虎が政次を裏切者よばわりして納める形かと思ってましたが
まさか自ら政次を刺すとは・・・
賛否両論あるとは思いますが、自分には衝撃的で泣けました。


名無しさん
3分前
普段から良い表情を見せていてくれた高橋さんに加え、今回の柴咲さんの処刑場での表情も凄かった。
あのシーンは究極の「愛」の形ですね。一生忘れない名シーンになりました。


名無しさん
1時間前
感動しました。


名無しさん
35分前
磔にされてお涙ちょうだいのパターンと思い泣く準備をしていたが、究極の2人の絆にポカーンとしてしまいその後ジワジワ泣けてきました。録画を何度も見直そうと思います。


名無しさん
1分前
泣けた!
大河見て久しぶりに涙が出た!
そう来たかー!?・・・
胸が詰まる思いで見入っていまいました!
政次ロスは半端無いでしょうね!


名無しさん
42分前
罵り合いの言葉の裏に愛が感じられた場面でした。久々に感動しました


名無しさん
15分前
一生さん、コウさんの演技が感無量すぎて、今具体的に、上手く感想は書けませんが…
政次を丁寧に演じてくださった一生さん、それに真っ向から向き合ってくださったコウさん、
そして賛否はありますが脚本家の森下さん、
直虎に関わるスタッフ皆さん、
本当にありがとうございました。
これから雰囲気はまた変わっていくと思いますが、楽しみにしています!


名無しさん
27分前
奸臣をこういう風に描いたツケがこういう演出になる。
徳政や殖産などの内政描写では今回の直虎は面白い。
これからは家康曰く、徳川開幕最大の功労者である井伊直政の破竹の出世物語と築山殿、岡崎三郎信康の悲運、武田の遠江侵攻と続くわけだ。
井伊谷に行って味噌まんじゅう食べたい。


名無しさん
23分前
あれ以上ない、
あれ以外はない、
創作だが、
大河ドラマ史上に残る名シーン。
oic*****

1分前
これって歴史的に事実なのかな?

名無しさん
3分前
テレビを観て泣きすぎて呼吸困難になったのは、人生初めての経験、、、。まだ疲れが取れない。


名無しさん
30分前
NHKの番組で衝撃を受けたのは2度目。
1度目はふしぎの海のナディアのフェイトさんの回。


名無しさん
16分前
そんなキレイなストーリーがあるかいな、と思うのだけど、正次の墓はさすがにないものの、小野家の墓は井伊家の菩提寺にあるんだよなぁ。


名無しさん
29分前
自然と涙が溢れてきて、最後は号泣しました。
第1話からずっと観ているので、自分自身の中でも色々と回想しました。
久しぶりに泣いて、今、頭が痛いです。
素晴らしい回でした。
心を揺さぶられる作品に出会えることは幸せです。
ありがとうございました。


名無しさん
43分前
うーむ。これだけ女性の上司に全力で支えて、命さえ捧げて、好きだけれども、ストイックな男の中の男。
日本にはあまり居なさそうな。。
女性の理想、夢かな。


名無しさん
13分前
菅野ようこ先生も劇伴は台本をよみながらあて書きしている訳ですね…先ほど番宣スポットでちらっとシェルブールの雨傘っぽいメロディー流れてました…パクりの天才です…でも本当に器用。


名無しさん
37分前
苛烈な世界で生きていかなければ行けない
運命の相手に、最後の手向けとして自らを差し出す
もう守る事は出来無いから
正直、序盤は子供時代の主人公を見て
「江の時みたいに、また都合良く話が進むんかなぁ」
とか辟易していましたが、ここ最近は面白いなと
思って見ていますよ


名無しさん
18分前
初めてNHKに称賛を述べたいと思った。しかし、その15分後にはやはりNHKは潰すべきだと思う番組が始まったのが残念。


名無しさん
32分前
歴史って残った記録でしかわからないけど、実際には様々な思いや史実には無い真実もあるんだろうなって思うともっと歴史を知りたくなります。








名無しさん
5分前
これで直虎と政次の本心を隠しての協力、いい意味での腹の探り合いが観られなくなるのは残念。
これからは井伊家再興のプロセスがどう書かれて行くのかを楽しみにしましょう。


名無しさん
29分前
次郎と政次…ようやく分かり合えて、これから井伊家を再興していくところでこの最期。
衝撃的だった。
2人にしか分からないものがそこにあったような気がした…


名無しさん
37分前
間違いなく大河ドラマ屈指の名シーンとして残るだろう。


名無しさん
26分前
しかし、ここまで想像広げて良いのかな?とも思うが。大河ドラマもずいぶん変わったなぁ。


名無しさん
25分前
号泣しました。
気持ちよく泣けて、リフレッシュした日曜日の夜。明日月曜日頑張れそうです️


名無しさん
34分前
いいシーンだったと思います。
今後も楽しみにしています。


名無しさん
6分前
一緒に見てた母と号泣してしまいました。
二人にとってあれがあの場で出来る最大級の愛の形なのだなぁ、とじんわり胸に染み渡る良いシーンでした。


名無しさん
36分前
泣いた。


名無しさん
24分前
私が送ってやらねばというところで、直虎自ら処刑するかもとは思ったが、本当になってビックリした。
史実はどうか分からないが、徳川の都合良く歴史が作られたとすると、このドラマの方が史実に近いのかもな。


名無しさん
42分前
大河でこんなに泣くとは思わなかった。涙が止まらないどころか嗚咽した。
こんな愛の形があるだろうか。きっと2人にしかわからないのだろうな。深いな…。
白黒を
つけむと君を
ひとり待つ
天つたふ日ぞ
楽しからずや
まぁ、多少演出がすぎるかなとも思ったけど、よいシーンでした。


名無しさん
21分前
まさかの展開に言葉も出なかった。ただ涙が止まらなかった。大河ドラマをみて泣いたのは、初めてです。視聴率が悪いとか、とても面白いとおもいますが。今後の展開が楽しみです。


名無しさん
11分前
高橋一生の気迫の演技、泣けたね。


名無しさん
1時間前
直虎の周囲の人間がどんどん減って行くなあ・・・


名無しさん
5分前
近年の大河ドラマにはない素晴らしい演出だった。


名無しさん
38分前
切なくて壮絶で…号泣しました。
政次ロスになりそう。


名無しさん
9分前
凄く良かった、これが武士道じゃないでしょうか?皆さん最高の演技、撮影、技術、脚本裏方、これがNHK大河ドラマ。


名無しさん
19分前
予告から切なかった…
ここまでところ、政次が絡む展開が特に面白いところ多かったから今後どうなるんだろう
今後の展開も楽しみにしてます


名無しさん
2分前
大河はこうあるべきって先入観が邪魔するから辛口批評になるけど、今週はドラマとして素晴らしい回だったと思う。


名無しさん
15分前
高橋さん良かった。
sir*****

15分前
高橋さん良かった。

名無しさん
26分前
録画してまだ見てないけど呆然としそうだから明日見ようこのニュースを読んで1日置かないと見れないこころの準備が。。。


名無しさん
27分前
史実では結婚してたのね。やっぱそんなもんですよね現実は。どらまのなかの究極の愛なんて存在していない。


名無しさん
15分前
すっごいエロス。究極の愛。
それにしても高橋一生は上手い役者さん。
近い将来、大河の主役をはるでしょう。


名無しさん
27分前
あまりにも、せつなく、ただただ胸がしめつけられ涙でした。


名無しさん
16分前
但馬の最期が壮絶過ぎ!
創作とはいえ、あそこまでするとは全く想定外でした。
とりあえず、近藤さんにはヒドイ目に遭っていただかないとね。(その役割は菅田くん演じる直政が担うのかな?)


名無しさん
35分前
只今 放心中。こんな大河観たことない。
凄い大河だった。
宮沢賢治の「よだかの星」を連想させる内容でしたね。
自己犠牲。こんな精神性のドラマは初めてです。
まいりました。


名無しさん
43分前
政次が処刑されるのは史実で分かってたけど、あんな形で主人公が冥土に送ってやるとは思わなかった。しかも、尼が殺生した時点で来世は地獄行きだろうから「地獄でまた会おう」になっちゃうんだよなぁ
史実では井伊谷を乗っ取って徳川方に処刑されたっていうのしか残っていないのをあそこまで膨らませた脚本と、高橋一生の演技はお見事。


名無しさん
13分前
大河ドラマ視聴して史上、一番衝撃的てした。女性主人公に、ここまで背負わせた作品、観たことないです……


名無しさん
1時間前
合戦シーンの迫力さが薄れていると感じ、見応えが…
と思っていた中でこのシーン。
びっくりしたね。
*******

24分前
直虎が迷ったとき、危機に直面したとき、政次の魂が現れて救済すると言う形で高橋一生さんに時々出演して頂いてはどうでしょうか?

名無しさん
35分前
只今 放心中。こんな大河観たことない。
凄い大河だった。
宮沢賢治の「よだかの星」を連想させる内容でしたね。
自己犠牲。こんな精神性のドラマは初めてです。
まいりました。


名無しさん
4分前
作中の井伊家の業はあまりにも深い。因果応報という社会秩序を願ってしまう自分がいる。


名無しさん
55分前
Eテレ日曜美術館見てて見逃していた。
再放送で見ます。


名無しさん
41分前
せつなくて、ちょっとグロかった。
今日の視聴率、いいんだろうなぁ〜


名無しさん
18分前
心臓をつかまれた様で痛くなって、胸が苦しくなって、汗が出てきて、悲しみや驚きや全部が一気にきてしまった。凄すぎて。


名無しさん
38分前
想像以上の最期でした。鶴は地獄に逝くつもりでした。おとわも後から地獄に逝くつもりなのかな。政次様、お疲れ様です。高橋一生さん、お疲れ様です。


名無しさん
19分前
今回は良作でした。来週からの視聴率が心配だ。


名無しさん
26分前
こういう人を役者というんだ。アイドル、モデル崩れの連中が簡単そうになりたいとか口にするべきでは無い。


名無しさん
21分前
号泣。すごいラスト。
acc*****

37分前
政次の最期、凄まじかった。
涙が止まらなかった。。

名無しさん
48分前
ただただ泣けた…。
政次、カッコ良すぎるよ。
辞世の句でまた泣けた…。


名無しさん
20分前
見入ってしまった、小野政次の最後はこれが史実のような気がしてしまった。


名無しさん
31分前
正次の「本懐」を直虎が遂げさせてあげた。。。ここに尽きますね。
政次の愛に応えたのですね。
白い碁玉も辞世の句で哀しみが増しました。


名無しさん
30分前
真田丸の後であまり期待してなかったはずが…
高橋一生さん演じる『嫌われ政次』にどんどん引き込まれ政次の最期では号泣してしまいました。互いに偽りを演じきっている=互いに知り尽くした者同士だからこそこうゆう愛の形もある。政次が最期に微笑むまなざしが印象的でした。魂を揺さぶされた素晴らしい演技でした。


名無しさん
4分前
以心伝心する直虎と政次だからこそ成り立つ、最期は烈しすぎる「究極の愛」の形でしたね。僧が殺生をすれば地獄行きといわれているので、直虎は自分も行くつもりで刺したのかも知れませんし、最期まで政次の演技に便乗しての行動だったのかもしれません。和尚さんが「片翼では鳥は飛べぬ」と二人のことを言っていた様に、直虎と政次は二人で一つだったのでしょう。
「白黒をつけむと君をひとり待つ 天伝ふ日ぞ楽しからずや」
しかしこの辞世の句は、政次の最初で最後の本音というラブレターにしか見えません。反故にされた夫婦約束の決着も、あの世で白黒はっきりさせようみたいな……。やっぱり何だかんだ言っても、結局はおとわが好きすぎてどうにもならないんですね(笑)。


名無しさん
43分前
すごかったです。
何度も涙が出て来ました。
テレビって面白くない。
でも、これとダーウィンが来たは好きです。
本当にたまにNHKも良いのがありますね。


名無しさん
50分前
ご都合的な理屈で考えたらこうなることは分っていただけに泣けた


名無しさん
34分前
政次の音羽に対する最高の愛の形だと思う。
本当に久しぶりにドラマを見ながらボロボロ泣きました!


名無しさん
10分前
このドラマ、本当に面白い。